携帯キャッシング用語集

便利な
携帯キャッシングの用語集です。


◆キャッシング用語をあいうえお順に紹介

あ行
○アドオン返済
 借りた金額(元金)に利率をかけ、その総額を
 返済回数で割った金額を毎回返済する方法。
○アドオン方式
 金利の算出方法のひとつ。金利が低いと錯覚を起こすため、
 現在では実質年利を表示することが義務付けられている。
○印紙税
 契約書、受取書など、法律で定められた種類の
 文書に課税される税金のこと。
○延滞
 契約された期日までに、約束された金額が
 返済されず遅れている状態のこと。

か行
○貸し倒れ
 貸したお金などが回収できなくなること。
○過払金
 利息制限法を超える利息のこと。
 過払金は返還請求することが可能。
○元金
 元々借り入れた金額のこと。借入金額の総額を
 指す場合と、借入金額の一部を指す場合がある。
○元金均等返済
 毎回一定の元金に、借入残高に対する利息をかけ、
 毎回の返済額とする返済方法。
○繰上返済
 返済予定日よりも早く、残高の一部
 もしくは全額を返済すること。
○個人信用情報
 金融機関で取引した契約内容、返済状況などの
 情報のこと。個人信用情報機関によって収集、
 管理、提供、開示されている。

さ行
○残高スライド返済
 借入残金に応じて毎回の返済金額が
 変動していく返済方法のこと。
○実質年率
 借入金と利息以外の手数料の合計を
 年間の金利で表したもの。
○出資法
 刑法。出資の受入れ、預り金および金利などの
 取り締まりに関する法律。制限利息は年率29.2%。
○上限金利
 法律によって定められている金利水準の上限。
 利息制限法と出資法によって上限が定められている。

た行
○多重債務
 返済能力以上の金額を借り入れる行為。
 また、複数の借入先から借り入れている
 債務者のことを多重債務者という。
○担保
 金銭債務の約定通りに履行されなかった場合に
 換金する物。主に土地、株式などが担保とされる。
○遅延損害金
 返済期限までに返済されなかった場合の
 損害賠償として支払われる金銭のこと。
○督促
 正式に支払督促といい、簡易裁判所に申し立て
 手続きをして債務者に対して支払請求を命じること。

な行
○年利
 金利を1年間の割合で算出したもの。
○日本消費者金融協会
 消費者金融の任意団体。多額債務者への無利子融資や、
 月間専門誌の発行などを行う。JCFAの正式名称。
○任意破産
 債務者自らが破産申し立てをして破産宣告を
 受けること。自己破産ともいう。
○ノンバンク
 預金等を行っている銀行とは異なり、融資を専門と
 している金融業者。消費者金融や信販会社などがこれにあたる。

は行
○復権
 破産宣告によって喪失した権利、資格を、
 破産者が再び取り戻すこと。
○フリーローン
 消費者金融のうち、資金使途を限定しない消費者ローンののこと。
 金利改定のルールは特になく、返済年限は6ヵ月ないし1年以上で最長5年。
○弁済
 金銭および借りていた金品など返還すること。
○保証人
 第三者の債務を保証する人。債務が履行されない場合、
 保証人が債務者の代わりに返済する義務を担う。

ま行
○みなし弁済
 利息が出資法の範囲内で利息制限法の上限を超える場合、
 債務者の任意によって有効な債務の返済とみなすもの。
○無担保貸付
 消費者に対して物的担保を付さずに貸付を行うこと。
 主に消費者金融で行われている貸付方法。信用貸付ともいう。
○名義貸し
 自分の名義を第三者に貸すこと。主にクレジット契約などが挙げられ、
 名義を貸した人は契約の責任を負わなければならない。

や行
○約定
 契約時に取り交わした約束のこと。
○約款
 契約において定められている条項のこと。
○与信審査
 返済能力について、信用の可否を決めるために調査すること。

ら行
○利息制限法
 民法。金銭消費貸借における金利水準の上限を定めた法律。
 これを超える利息は例外を除き無効となる。
○リボルビングローン
 一定の与信範囲であれば何回でも繰り返し借入ができること。
○利用限度
 ローンカードで利用できる最高限度額のこと。
 個人の信用力などによって利用限度額が異なる。

わ行
○和解
 当事者どうしが対立する利益主張を譲り合って、
 その間の紛争を解決することを約束する契約のこと。



topに戻る